<delect id="71751"><noframes id="71751">

        <cite id="71751"></cite>

              <big id="71751"><dl id="71751"><big id="71751"></big></dl></big>

                廃爐プロジェクト全般

                A1當社と國?関係機関が協力しつつ、総力を挙げて福島第一原子力発電所の廃爐を目指すプロジェクトです。

                プロジェクト概要

                A2福島第一原子力発電所では、廃爐?汚染水対策関係閣僚等會議で決定される「東京電力ホールディングス(株)福島第一原子力発電所1~4號機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ」に基づいて廃爐作業を進めています。2011年12月に決定した「中長期ロードマップ」は、廃爐作業の進展に伴って明らかになってきた現場の狀況などを踏まえて、継続的な見直しを行っています。

                廃爐に向けたロードマップ

                A32011年3月11日、三陸沖の海底を中心にマグニチュード9.0の大地震が発生しました。その後、大津波が襲來し、電源設備等の重要な設備が浸水したことで、電源と注水?除熱機能を失いました。その結果、原子爐を冷やすことが出來ず、過酷な事故に至りました。事故から得られた教訓を基に、非常用電源や原子爐への注水手段を確保するなどの対策を行っています。

                A4福島第一原子力発電所における廃爐?汚染水対策に関して、責任と権限の明確化や、意思決定の迅速化などをさらに進めるため、「福島第一廃爐推進カンパニー」を設置して、協力企業のみなさまをはじめとする、多くの方々のご協力を頂きながら廃爐作業に取り組んでいます。

                プロジェクト體制

                 

                関連項目

                 

                廃爐作業の狀況

                A51號機から3號機は、電源喪失により、原子爐を冷やすことが出來ず、燃料が溶け、大量の水素が発生し、1、3、4號機の建屋が水素爆発に至りました?,F在は、各號機とも安定冷卻を継続しており、1~3號機の「使用済燃料プールからの燃料取り出し」や「燃料デブリの取り出し」等に向けて準備を進めています。

                事故を起こした原子爐はどのような狀態なの?

                A6山側から海側に流れている地下水が、原子爐建屋等に流れ込み、建屋內に溜まっている放射性物質を含む水と混ざることなどで汚染水は増加します。汚染源に水を「近づけない」、汚染水を「漏らさない」、汚染源を「取り除く」の3つの基本方針にそって、地下水を安定的に制御するための、重層的な汚染水対策を進めています。

                A7原子燃料は、原子爐で使用したのち、新しい燃料と交換します。この交換して取り出した燃料が使用済燃料です。取り出した使用済燃料は熱を発することから、安定して貯蔵を行うために使用済燃料プール等で冷卻します。この使用済燃料等によるリスクを下げるため、事故を起こした原子爐建屋からの取り出しにむけて準備を進めています。

                A8事故當時、1號機から3號機は稼働中だったため爐心に燃料が格納されていました。事故発生後、非常用電源が失われたことで爐心を冷やすことができなくなり、この燃料が過熱、燃料等が融解しました。その融解した燃料等が冷えて固まったものを燃料デブリと言います?,F在は融解した爐心內部の狀態を確認し、燃料デブリを取り出すために様々な調査を進めています。

                A9福島第一原子力発電所では、事故の安定化および廃爐の推進のために、遠隔技術(ロボット)を活用しています。人に代わってロボットが原子爐建屋內の調査などを実施し、その後の作業計畫に反映することで、被ばくなどの作業リスクの低減に寄與しています。また、オープンイノベーションプラットフォーム(TEPCO CUUSOO)で福島第一原子力発電所における現場ニーズを公開して、適用可能な知見や技術を広く募集する取り組みを行っています。得られた知見や技術は、福島第一原子力発電所の廃爐作業への活用はもとより、世界のあらゆる場面で活かせるように取り組みます。

                関連項目

                A10福島第一原子力発電所では、地域の皆さまはもとより、作業員や社員、周辺環境の安全確保を最優先に、放射性物質等によるリスク低減に取り組んでいます。事故當時は、敷地全體のエリアで防護服と全面マスクの著用が必要でしたが、今では敷地全體の96%のエリアで、一般服と防塵マスクでの作業が可能となっています。また、廃爐作業の加速化と信頼性向上を推進するため、衣食住などの労働環境の改善も進めています。

                関連項目

                A11廃爐作業に伴い発生する廃棄物は、放射線量に応じて分別し、福島第一原子力発電所の構內に保管しています。発電所構外への放射線の影響を低減するため、敷地境界線量への影響が高いガレキ等から優先的に建屋內保管に移行しており、可燃物は焼卻、金屬?コンクリートは減容するなど、可能な限り廃棄物の量を低減させています。

                固體廃棄物貯蔵庫第9棟

                固體廃棄物貯蔵庫第9棟

                関連項目

                公表資料

                A12福島第一原子力発電所の廃爐作業の狀況等は、ホームページやご説明の場等を通じてお知らせしています。具體的な作業內容等については、適宜、公表資料を作成してお示ししています。

                関連項目

                データ

                A13地域?社會のみなさまに福島第一原子力発電所における放射能濃度の狀況をご確認頂けるよう、敷地內や海洋などでは継続的なサンプリングを行って監視するとともに、その結果をお知らせしています。

                関連項目

                ビジュアルコンテンツ

                A14廃爐作業の狀況をお知らせする動畫や、福島第一原子力発電所の見學を疑似體験できるコンテンツを作成するなど、みなさまに福島第一原子力発電所をもっと知って頂けるよう取り組んでいます。

                福島第一原子力発電所に関する映像はあるの?

                福島第一原子力発電所の廃爐の現狀と取り組みをお伝えします

                Vol.1 福島第一原子力発電所の廃爐の取り組み(2022年8月14日)

                久久热AV-亚洲七七久久桃花综合影院_亚洲综合色成在线播放_东京热中文字幕aⅴ专区青青草少妇在线视频,2020影院在线观看,天天影视色欲情香综合网,日本不卡高清码av在线全集观看